top of page
  • 執筆者の写真Shun

講師紹介:シュン先生

中学受験スリースターズ 講師 シュン先生




<学歴>

立教大学卒業

グロービス経営大学院卒


<経歴>

2004年 早稲田アカデミー 川越校 時間講師として勤務開始

2006年 新百合ヶ丘校に異動

2007年 NN慶応普通部・社会担当

2008年 早稲田アカデミー入社 溝の口校配属、NN桐朋・社会担当

2010年 溝の口校 教務主任就任 NN女子学院・社会担当

2011年 町田校 校長就任、夏期合宿最優秀賞

2015年 早稲田アカデミー退職

     人材紹介メガベンチャーに転職

     営業マネージャー、新規事業立ち上げ責任者を担当

2019年 不動産ベンチャー企業に転職

     企画系管掌の執行役員を担当

2022年 中学受験スリースターズに参画

2023年 社会人教育スタートアップ企業に転職

     事業企画部門の責任者を担当


―スリースターズコンテンツ―

・予習シリーズ4年上 保護者向け算数セミナー

・予習シリーズ4年下 保護者向け算数セミナー

・予習シリーズ5年上 保護者向け算数セミナー

・予習シリーズ5年下 保護者向け算数セミナー

・予習シリーズ5年上 社会ラジオ

・予習シリーズ5年下 社会ラジオ

・予習シリーズ6年上 社会ラジオ



<個人的な考えや価値観>

中学受験を指導していた中でいつも感じていたことは、先生や校舎の当たり外れがどうしても発生してしまうことでした。

もちろん自分が担当させて頂いた子どもたちにはその思いはさせないよう全力で指導しましたし、校長になってからは自校舎に子どもたちにそうはさせまいと講師の育成・指導・業務管理に全力を注いでいました。でも、発生します。


特に顕著にでるのが、教え方です。中学受験(その他の受験も同じですが)の教科書通りに、解答している生徒は少ないです。

もっと効率の良いやり方(スピードや正確性含めて)が必ず存在しています。そして、その解法は講師から講師の直接の伝達で成り立っており、塾の中でノウハウ共有として溜まっていないと感じていました(やや主観なので違う塾や校舎もあるでしょう)


ユウキ先生が動画やブログを使った中学受験のプラットフォームをつくりたいと話をしてくれたときに、その解決につながるのではと思い、算数・社会の僕の持っているノウハウを伝えていきたいと思い、スリースターズに参画しました。


少々ブランクがあったので、クローゼットの奥底にあった問題集を取り出し、当時のノウハウをインプットし直しながら、新しくなった予習シリーズを解きました。新しくなった予習シリーズにもそのノウハウの全てが載っていたわけではありませんでした。改めて、スリースターズを通じて伝えていくことが必要だと感じました。


早稲田アカデミー在籍時からですが、僕の指導方針は、1点でも多く点数を取れる最短距離を進むことです。これは算数でも社会でも同じです。それが子ども達の合格に一番貢献できるからだと考えています。よろしくお願い致します。





閲覧数:488回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page