top of page
  • 執筆者の写真Aya

我が家の受験体験記 2月3日



前回からの続きです。

当初のスケジュールでは2/3は早稲田中第2回入試の日。

進学先が決まったので、結局、早稲田中は受験しませんでした。

この日は前日受験した渋渋の第2回入試の合格発表があります。

発表の時間は11時。

第1回入試で合格は頂けていますが、結果はちゃんと確認するつもりです。

11時ですが息子はまだ寝ていました。

私がホームページで確認しようと合格発表のページに入って番号を探していきます。

「あれ?番号ない・・」

もしかしたら、第1回入試に合格したら載らないパターン?とか思い、違う人の番号で探すと、

第1回入試合格してる番号が第2回入試にも載っています。

ここまで調べてようやく不合格だった事が分かりました。

とりあえず息子を起こして早稲アカに報告電話をさせないと!

息子に「第2回入試落ちたよ。」と伝えると、「え?そうなの?」と別にショックを受けている様子もなく、

普通の感じです。

早稲アカに息子が電話をして担当の先生に「昨日の入試落ちてました。」と伝えると、

先生は「え?本当?ちゃんと番号見た?」と聞いています。

先生は「今まで全部合格できて、不合格の経験もできて良かったと思うよ。」と。

不合格なんですが、不合格の実感が無い不思議な感じです。


午後からは私は小学校に公立中学の辞退届の手続きに行きました。

我が家のエリアの公立中学は人気校らしく、辞退届を出さないと、待っている生徒がたくさんいるそうです。

本来は進学先の入学許可証のコピーを提出しなくてはいけないのですが、入学許可証が貰えるのは2月11日。

小学校に提出できるのは2月14日になってしまうので、これでは小学校側から困ると言われまして、合格証書のコピーを持っていく事に。

学年の先生2名が迎えて下さり、「おめでとうございます!」と祝福して下さいました。


この日の夕方、早稲アカの先生から電話が入り、「今日、早稲田中、受験しに行ったりしていませんか?」と電話が入りました。

息子が前日に「気が向いたら早稲田中受験する。」と言ったのを覚えていたみたいで、「もしかしたら!」と思ったみたいです。

私は「すみません。気が向かなかったみたいでして。。。」と言って謝りました。



2月11日は制服採寸日でこれが無事に終わるまでは、コロナになる訳にはいかないので、小学校はもう少しお休みです。

受験が終わったからと言って、ゲームやり放題にさせるつもりは私は全く無く、学習スケジュールを組んでいきました。

受験の為に3ヶ月お休みしていた英語教室の先生に連絡して、小学校をお休みしている時間帯、全て1体1の個人レッスンで全部英語の授業を入れました。

夕方からは早稲アカの中学準備講座をzoomで受講させて、更には書店で公立中学の子が使用するドリル(中2と中3分を購入。中1は簡単すぎました。)を買ってきて毎日やるように息子に渡して、いかにゲームをやらせないようにするか私は色々考えていましたね。

長年受験勉強をしていたので、私が用意したドリル達は余裕でこなしていき、色々買っていました。


我が家の受験体験記はこれでおしまいです。

中学受験は各家庭に壮大なドラマがあると思います。

そして親子で戦い切った数日間は最高の思い出です。


最後までお読み頂きましてありがとうございました。

閲覧数:215回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page