top of page

202406_四谷大塚小6組分けテスト_解き直しの目安



202406_四谷大塚小6組分けテスト_解き直しの目安


解き直しの際、どの問題を優先的に解きなおすかの目安を書いていきます。



問題の難易度を表すものではありません。

問題の解法パターンがはっきりしているので、解き直しをすると次につながりますよ、という観点での重要度を表しています。


〇:間違えたなら解き直しましょう

△:Sコースを目指すなら解き直しましょう

×:解き直ししなくていいです

(主観なので参考までに…)



大問1 〇


大問2 〇:不条理・不退転・独断専行 は難しい。これを機に身に付ればOK。


大問3

※文章の構成は、「具体例→抽象」「科学⇔自然(現実)の対比」 意識して読めたか確認しよう


問1 〇

問2-1 △

問2-2 △

問2-3 ×:問2-2ができることを前提にしている問題はいかがなものか…

問3 〇

問4 〇

問5-1 〇

問5-2 〇:直後に材料がふたつともある、何とも言えない記述問題。

問6 〇

問7 △:あまり見かけない出題形式

問8 〇



大問4

※精神年齢の高い文章で苦戦必至。ただ、志望校によっては「古めかしい文章」が頻出なので注意。


問1 〇:難しいが、語彙として復習する

問2ー1 〇

問2-2 〇

問3-1 △:イ「屈託」がそもそも分からなかったのでは?

問3-2 〇

問4 ×:解答根拠が薄い

問5 〇

問6 〇

問7 △

問8 ×:問題が何を聞いているのかわからない…

問9 △:開放感・閉塞感・劣等感 など語彙を増やしたい

問10 ×:主題を抑える問題だと思うが…

問11 〇:大介だけ2択で迷う

閲覧数:733回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page