top of page

【新学年に向けて】国語の学力を伸ばすためには?⑧<論理力・四択問題>



【国語を読み解く10のロジック】

中学受験Three Starsの国語担当、大谷です。

「国語の学力を伸ばすためには?」をテーマにしたブログ第8回です。

今回のテーマは、「論理力 四択問題」その2です。


……………………………………………………………………………………………………………僕は小学校5年生。中学受験をするために塾に通っている。最初は塾も楽しかったんだけど、テストは難しいし宿題は多いし…

だんだん嫌になってきた。最近はこっそり宿題をさぼってしまうことも多い。うちの家は共働きで両親ともに仕事で忙しく、

「宿題はやったの?」とは聞かれるけれど、ノートを見ることまではしてこない。

なので、「うん。大丈夫。終わってる」と答えておけばそれで平気だ。

そんなある日曜日、塾から電話がかかってきた。そういえば算数の先生が変わったので、今度挨拶の電話をするって言ってたっけ。

僕は、なんとなく気まずくて、母さんが電話で話している間、自分の部屋で勉強していた。

少しして、部屋のドアが開いた。

振り替えると、母さんが顔を真っ赤にして立っていた。

「あんた!塾の宿題、いつも半分くらいしかやってないんだって!?どういうことだい!?」

やばい、ばれた。

僕は必死で言い訳を考えた。

……………………………………………………………………………………………………………<問題>

「母さんが顔を真っ赤にして立っていた」とありますが、この時の気持ちとして最も適しているものを選びなさい。



皆さん、作問者の視点でこれを見てみましょう。

まず「正解」をどんな内容にするかを考えますよね?

本来は「こういう正解になるな」と考えてながら線を引く場所を決めていますので、そもそもまず「正解」は問題ができる前にすで決まっている場合がほとんどです。

ということで、まず正解を作ってみましょう。


『先生に宿題をやりきっていないと言われ、息子が嘘をついていたことに激怒している。』

こんな感じでしょうか。


正解づくりにもコツがあり、「本文の言い換えで選択肢を作る」ようにしています。

四択問題が苦手なお子さんは、まずこれを意識すると良いですね。



次に、間違え選択肢を作っていきます。

まず、ふたつ「消せる選択肢」を作ります。


『電話で家でまったく勉強していないことを注意され、恥ずかしかったから。』

「まったく」という言葉を入れて、「半分くらいしかやってない」と矛盾させます。

「恥ずかしかった」もセリフの言い換えとして適しませんね。


『先生からの電話で、息子が勉強に真剣に向き合ってないことに気づき悲しんでいる』

前半がいくら良くても、文末がずれていればすべてダメ、のパターンです。

間違え選択肢を作る簡単な方法は、文末をずらすことなので、「まず文末で消す」は鉄則です。



最後に、「フェイク」の選択肢を作ります。これで正答率を調整します。

皆さんだったらどのように作りますか?


『先生に宿題をやりきっていないと言われ、息子が嘘をついていたことに激怒している。』

この正解の選択肢を基準にして、「ちょっと変えて」作るのがオーソドックスですよね。


たとえば

『もう小5になったのに、息子が受験に全力で向き合っていないことに腹を立てている。』

「激怒している」と「腹を立てている」、ここに違いはありません。

「宿題をやりきっていない」と「受験に全力で向き合っていない」は、どちらもありそうな説明ですけれど、微妙にニュアンスが違います。

どちらが×とが言えないけれど、比べてみたらどっちがいいでしょうか?

そうですね。

母親は「塾の宿題、いつも半分くらいしかやってないんだって!?」と言っているので、「宿題をやりきっていない」の方が「より良い」選択肢と言えます。


もう一度問題文を見てみましょう。

四択問題は、「最も適しているものを選びなさい」と問われますよね?

つまり、「ばっちり正しいものはひとつしかありません!」ではなく、「微妙な違いがある

ので、それを良く考えて最も適したものを選びましょう!」という問題なわけです。


ということで、四択問題を解くうえでのロジックがこちらです。


【国語を読み解く10のロジック】

その1.四択問題は「消去」からの「比較」


まずはふたつ消し、のこったふたつを比較して差に注目し、どちらが「より良いか」で正解を導く。

これがちょっと難しい四択問題の攻略法です。

お子様への解説に活用してください。


このロジックは、中学受験Three Starsの動画

・小4下 第11回 

・小5上 第6回、第7回

で扱っています。実際の問題でコツをつかんでみてくださいね!


閲覧数:145回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page